【ロゴのこと】

        

太古日本で使用されていた神代文字で『はち』と読みます。

『はち』は世界の8大陸の8。

バランス、調和を意味すると云われる 8。

末広がりで「発展・未来が開ける」とされる八から頂き、 ご縁、円満、調和、地球を ○で表現しました。

 
『心身ともに元気に、助け合い、笑顔の輪が広がり 子供たちが平和に生き生き過ごせる世界をつくり繋いでいこう』
という想いを込めロゴにしました。

 
  •選りすぐり(えりすぐり・よりすぐり)  
      意味:よいものの中から、さらに選び抜かれたもの
 
  •   
      漢字の成り立ち:飠(食事)+官(公共の)=館(食事をする公共の建物。やかた)です。
      古代の中国では、客人をむかえる建物を “館”と呼びました。



『選りすぐり館』=『食、物を選りすぐり、お客様をおもてなしする館』




 

ページトップへ